ガラスコーティング剤の効果期間について

ガラスコーティングを施工する事で様々な効果を得ることができますが実際にどのくらいの効果期間が期待できるのかですが、主に撥水性能が1年ほど、ガラス皮膜の残存は3年近くとなっています。車の置かれる環境によってコーティングの効果期間も異ななりますが一定期間は車のボディーを保護する効果を持続させる事が出来るメリットがあります。撥水性はいわゆる水を弾く効果で車のボディーでは汚れが付着しても取れやすいという効果があります。そのため洗車も手洗いで軽く洗うだけでとても楽になります。皮膜については、空気中に浮遊している様々な物質の影響で塗装面は劣化していきますが、保護皮膜で覆うためこのような外的な物質から守る事が出来ます。一度ガラスコーティングをしておけば日々のメンテナンスも楽になる嬉しさがあります。そんな、ガラスコーティングは費用が高いのがネックです。施工費用を抑えてコーティングするには市販のコーティング剤でDIYで施工する事も可能となっています。

DIYガラスコーティングの魅力や効果とは

ガラスコーティングは、車のボディーに対して非常に強力なコーティングを施工する事が出来ます。中でも車のボディーが1番綺麗な状態である新車納車時に施工される方が非常に多くなっています。車は速度を出して走行するため走行している際に様々な物質が車のボディー表面に当たったり付着してしまいます。また、雨や湿気といった事からボディーを保護することを目的として施工されています。一方でガラスコーティングは、専門業者で行ってもらうと高額な費用が必要となります。新車購入時にコーティング代がさらにプラスとなってしまうため現在では、DIYで施工する方も増えています。DIYでガラスコーティングをする場合には、一般の車の専門店などで販売されているコーティング剤を使い自宅でも行う事が可能です。しかし、コーティング剤をそのまま塗るのではなくボディーの下地処理をきっちり行う事が必要です。洗車、磨き、鉄粉除去、脱脂といった下地処理をしないとコーティングがしっかり密着しなかったり汚れを残したまま上からコーティングする事になってしまうため注意が必要です。

ガラスコーティング剤にとって大事なのは耐久性

ガラスコーティングをしておけば車の洗浄をたまの休日にしておくだけでも十分美しいツヤが持続します。ガラスコーティングは面倒と感じる人よりも新車購入のついでにガラスコーティングを希望する人がどんどん増加している傾向があります。どんなに格好良いデザインの愛車でもツヤがないと魅力は半減します。愛車に素晴らしい輝きを与えたいのならばガラスコーティングをすれば納得できます。洗練されたデザインの車の塗装を保護するためにガラスコーティングを積極的に施工するべきです。ガラスコーティングは主流となっているメンテナンスです。通販で買えるガラスコーティング剤でも効果を出せますが、特徴を確認してから液を買うことが基本です。ガラスコーティングにとって大事なのは耐久性です。一時的に強いツヤが出てもあっという間に効果が弱くなるような安いガラスコーティング剤を選ばないように注意が必要です。ガラスコーティングをする前の洗車を丁寧にするだけでも効果を上げることができます。
洗車用品とガラスコーティング剤

美しい車が好きなドライバーの満足度が高いガラスコーティング

車を毎日洗浄してきれいにしておけばガラスコーティングは必要ないという認識を持っている人は間違っています。どんなにしっかり車を洗ってもガラスコーティング以上のツヤを出すことは困難です。そのため、本当に車のツヤに強いこだわりがあるのならばガラスコーティングを施工することが最も賢い方法です。車にツヤを出したいときにワックスではなくてガラスコーティングを選ぶドライバーが定着してきています。なぜならば、ガラスコーティングの艶出し効果はかなり高いので美しい車が好きなドライバーの満足度が高いからです。少しでも効果の高いガラスコーティングを望むのならば新車のときに施工しておくことをオススメします。ただ、新車の購入費だけでなくガラスコーティングのコストもかかってしまうので施工することを躊躇してしまうドライバーがいます。もしガラスコーティングのコストが気になってしまうのならば業者を利用しないで個人の力だけで施工すればいいです。

DIYガラスコーティング剤の通販ショップなら
コーティング剤洗車用品専門店

ガラスコーティングの艶出し効果は長期間持続する

車を強力に保護したい人にかなりオススメなのがガラスコーティングです。車は新車の時にうっとりするような美しい輝きがあってもしばらく乗っているとツヤが落ちてきてしまいます。やはりガラスコーティングは新車のときから施工しておくのが無難です。買ったばかりのピカピカな輝きを放っている状態の車にガラスコーティングをきちんとしておけばすぐに見栄えが悪くなってしまう心配はいらないです。頻繁にドライブする人の車の美しさを維持することは大変です。まったくケアをしていない車はあったいう間に中古車のような見栄えになってしまいます。そのため、コストがかかったとしても車の購入時になるべくガラスコーティングをした方がいいです。ガラスコーティングの効果は長期間続くので一度でも正しい方法で施工しておけば安心です。頻繁に車を洗うことは大変ですが、ガラスコーティングはたまにすればいいだけなのではるかに効率が良いのが大きなメリットです。
自分でガラスコーティング剤や洗車用品をお探しなら
洗車用品専門の通販ショップ

DIYガラスコーティングで施工する為の注意点と施工手順

最近、自分でDIYガラスコーティングする人が増えています。DIYガラスコーティングは、専門業者やディーラーでお願いすると大体7万円くらいします。
ですが自分で施工しようと思えば意外と安く簡単にできます。DIYということで色々メリットやデメリットはありますが道具を揃えてしっかり準備すればそれ程難しくはありません。
私の施工方法を紹介します。まず車の状態を綺麗に整える下地処理を行います。
最初に水洗いで汚れを落として、その後シャンプーを使って水洗いで落ちなかった汚れを落とします。それからコーティング剤をスポンジにしみこませていきます。ボディに軽く塗り込み細かい範囲で徐々に磨いていき、次に少し乾燥させてからクロスでコーティング剤を拭き取るだけです。
注意するポイントは施工中はどんどん乾燥して硬化が進みます。特に夏場はスピードが必要です。次にガラスコーティング剤は一般に売られている
カー用品店のものを使います。撥水効果の高いものがおすすめです。
ただコーティング剤には車を綺麗にする効果はありません。車の塗装を包むという目的なので綺麗な塗装面に施工することで効果を最大限に発揮します。
そしてデメリットとしてはDIYガラスコーティングには作業場所の確保が必要です。作業時間は大体1時間くらいでしょうか。施工が終わるまで雨風をしのぐため屋内での保管が必要になります。
最初は面倒で大変そうと思うかもしれませんが塗布して拭き取るだけなので、
一度やってみれば意外と簡単です。私は初めて挑戦したら施工に慣れていないので艶は出てもムラだらけの仕上がりでした。でも慣れてきたら鏡のような仕上がりになってきました。
それにディーラーでするより安く済むし隅々まで行えば
自分の愛車に一層愛着がわきますよ。

DIYと施工会社、ガラスコーティングの違いは?

大切な愛車を長く利用するために、ガラスコーティングの作業は重要になります。その際、お金をかけてプロの施工会社にお願いするか、それともDIYでガラスコーティング剤を買うか迷う方が多いと思います。では何が違うのか?と言いますと、コーティング施工の前の磨きと、コーティング剤の質です。施工会社にガラスコーティングをお願いすると、洗車だけでは落とすことができない汚れを取り、傷をある程度綺麗にしてから行います。車をよく知っているからこそできる技術ではあるとは思いますが、脱脂や鉄粉除去などといった作業は実は市販で買ってDIYでできなくもないのです。脱脂や鉄粉除去に関するアイテムは実はカーアイテムの販売店で簡単に手に入れることができます。また、ガラスコーティング剤も質が良く、市販に比べると持続期間が長くてツヤもいいかもしれません。しかし、やはり自分の愛車に一番愛があるのは購入者自身であり、ガラスコーティングについて調べさえすれば全て自分でできます。


ガラスコーティング施工後は定期的な洗車が重要です。
洗車用品の3点セットはこちらから購入できます。


 

 

DIYガラスコーティングの効果と注意点について

愛車を綺麗に保つためには、洗車の後にワックスをかけることが一般的でしたが、最近はガラスコーティングをする人が増えています。
ガラスコーティングは、車のボディにコーティング剤を密着させ、硬い膜を作ることでボディを保護します。細かいキズなどが付きにくくなり、また、直射日光からも守ってくれるため、変色を防止する効果もあります。汚れが付きにくくなり、また汚れが付いても水だけで簡単に落とせるため、ガラスコーティングをした後は洗車が楽になるという効果もあります。
ガラスコーティングを専門業者に依頼すると、最低でも数万円かかります。そのため、市販のコーティング剤を使って自分でDIYガラスコーティングをする人が増えています。
DIYガラスコーティングでも、業者に依頼した場合と同じような効果が得られますが、自分で行う場合、注意をしたいのはコーティングする前の下処理です。
ボディを洗浄し、汚れなどの付着物を綺麗に落とした状態でコーティングをしないと、コーティング剤がしっかりと密着せずに、効果が半減してしまいます。
DIYガラスコーティングでは、下地処理に十分時間をかけることが大切です。

コスパのいいDIYでガラスコーティング

ガラスコーティングは車を長持ちさせる上で大切な作業です。しかし、施工業者に頼むとかなり費用がかさんでしまいます。せっかく多額の費用で買った車ですから綺麗に長持ちさせたいものですが、長持ちさせるために更なる費用を払うには少し渋るでしょう。そこでコスパよくガラスコーティングできるのが、DIYです。自分でやるには不安かもしれませんが、手順は簡単で誰でも車に輝きを与えられます。リーズナブルな価格でおすすめです。ガラスコーティング剤は種類がたくさんありますが、基本的に一回の塗布で何年間かは持続しますので、何を選んでも失敗することはありません。持続性に加えて、塗布の簡単さを売りにしたり、雨を弾くための強力な撥水性を売りにしたりでコーティング剤に変化が出ます。洗車の回数も愕然に減りますし、ワックスをかける必要性もなくて、時短でコスパよく大切な愛車を守る方法は、DIYで車のガラスコーティング剤を使用することに限りますよ。

コーティング剤の中でもトップクラスなガラスコーティングの効果

常に車を綺麗にしておきたいと思い様々なコーティングを検討した際、ガラスコーティングがおすすめだという話を耳にしたことがあるかもしれません。しかしガラスコーティングはどんな効果が期待できるのか、自分で行うことができるのかなど気になることもあるでしょう。
ガラスコーティングはガラスの主成分が含まれているコーティング剤で、塗装の光沢を維持したり汚れや傷を付けづらくする効果があります。その効果は折り紙付きで、ポリマー系やワックスなどの種類があるコーティング剤の中でもトップクラスの人気を誇っています。
そんなガラスコーティングは耐久性も高く、一度コーティングすれば三年近く持つといわれています。軽く水を流してやるだけで汚れが落ちるという手軽さからも、その人気の高さを実感することができるでしょう。
しかしガラスコーティングは高性能な分、施工時の費用がかなり高額になってしまうという難点もあります。少し難しい部分もありますが自分で行うこともできるため、費用を抑えつつその効果を実感したいと思った際にはDIYに挑戦してみるのも選択肢の一つとなるでしょう。

DIYの撥水ガラスコーティング剤を通販で購入するならこちら