DIYガラスコーティング剤について

ガラスコーティングは古くなった車の汚れなどが目立たないようにすることができますが、業者に依頼すると10万円以上かかるためなるべく避けたいものです。このような場合に役立つ手法といえばDIYで、コーティング剤を準備して手順を把握すると空いた時間を使ってできます。自分自身でする時は道具やケミカルの選び方や下地処理のコツをつかみ、かかる費用を減らして手軽にできるようにすると効果的です。

DIYガラスコーティングはやり方さえ知るとできるように感じますが、ワックスを剥がすことや車体の汚れが中途半端に残らないようにする必要があります。車は頻繁に運転すると排気ガスが表面に付着し、運転しにくくなるためコーティングをして改善する方法が望ましいです。

DIYガラスコーティングの効果はかかる費用を減らせるため、知ると愛車をピカピカにして自信を持って運転できることがメリットです。作業をする時はやるべきことを把握し、ムラなく塗るように経験を通してコツをつかむと今後の生活に役立ちます。

DIYでのガラスコーティングで愛車を綺麗に維持しましょう

ガラスコーティングは車体の塗装表面に薄いガラスの膜をコーティングする事を指します。この塗装面の上に新たなガラスの薄い膜が形成される事で、塗装膜やその下の車体本体を保護する効果が高まります。
具体的には汚れや砂や小石と言ったものから保護してくれるので、車体をより長くピカピカにし、しかもその状態をより長く維持できると言う効果を得る事が可能です。
ガラスコーティングの効果は、もちろん永久的ではなく寿命があります。この期間は車の利用頻度や駐車している状態で変わりますが、一定期間を経過すると効果が薄れ、再度コーティングする必要が生じます。
プロに依頼すれば1回のコーティング施工で安くて数万円が掛かるため、もっと手軽にDIYでガラスコーティングを行う事が出来るコーティング剤も多数市販されており、これを利用するのもお勧めです。
プロの場合も、DIYで施工する場合にもガラスコートを行う前の下地処理が最も大切で、洗車(水垢落とし)・イオンデポジット除去・鉄粉除去・磨き・脱脂の工程をしっかり行う事が必要です。
その後にガラスコーティングを施工しますが、DIY用としては液状とスプレー式の2種類があり、塗付に必要なものは、付属されているのが一般的です。
DIYでのガラスコーティングは少しハードルが高い様にも感じられますが、慣れればそれほどでもありません。愛車を綺麗に維持するために、DIYでのガラスコーティングにチャレンジされる事をお勧めします。

ウォータースポットの数を減らしてくれる効果

ガラスコーティング剤は、ウォータースポットの数に関する効果があります。あまり車を汚したくない時は、おすすめなのです。
ガラスコーティング剤には、車の表面を守ってくれる効果があります。コーティング済みの車なら、傷も付きづらくなる上に、汚れも付着しづらくなるのです。ウォータースポットも、その1つなのです。
ところで誤解されている事も多いですが、実はDIYのガラスコーティング剤を使ったとしても、ウォータースポットを完全に防げる訳ではありません。撥水性のガラスコーティング剤などは、雨水が水玉のような状態になりますから、ウォータースポットができてしまう事はあります。性能は完璧ではないのです。
しかしガラスコーティングの施工を済ませると、少なくともウォータースポットの数は減ります。やはり塗装に水が付きづらくなるだけに、ウォータースポットをある程度防ぐ事は可能なのです。
もちろんウォータースポットの数が減ってくれれば、洗車も楽になるでしょう。水ジミが心配な時は、やはりガラスコーティング剤はおすすめなのです。

ガラスコーティング剤の耐熱効果

ガラスコーティング剤には、主に塗装を保護してくれる効果があります。汚れなどが付きづらくなるメリットは、とても大きいです。
ところでDIYのガラスコーティング剤によっては、熱に関する効果もあるのです。かなり高い温度でも、問題無い状態になります。
どういう事かというと、車の表面部分の温度は極めて高くなってしまうケースも、たまにあるのです。状況によっては車が発火するケースも、たまにあります。塗装の表面に火が放射されると、もちろん車はダメージを受けてしまうでしょう。
ところがガラスコーティング剤の施行を済ませると、塗装は熱に強くなるのです。たとえ火を放射しても、簡単には燃えないようになります。
というのもコーティング剤の耐熱温度は極めて高く、たとえ1,200度でも耐えられる状態になります。それぐらいの温度ですと、たいてい車は燃えてしまいますが、コーティングしておけば燃えづらくなります。ガラスコーティング剤の隠れたメリットの1つなのです。

ガラスコーティングの花粉に関する効果

古い車の塗装を見てみると、よくシミが付いています。シミの原因は色々ありますが、代表例は雨水です。雨水の中に入っている物が塗装に付着して、シミができてしまう訳です。
それだけではありません。春の時期は、花粉も要注意なのです。花粉が塗装の表面に付いてしまいますと、簡単には落とす事はできません。雨水と違って、粘着性が非常に強いです。たとえ水洗いしてみても、簡単には取れないのです。そうかと言って、春の時期に車を走らせない訳にもいかないでしょう。
花粉が気になる時は、ガラスコーティング剤がおすすめです。DIYのコーティング剤には車の塗装を保護してくれる効果があって、花粉も付着しづらくなります。花粉が付きづらくなるだけでも、だいぶ洗車は楽になるでしょう。
またガラスコーティングを済ませておけば、比較的簡単に花粉を取り除けるようになります。水で洗ってあげるだけでも、さっと流す事ができるのです。ですから花粉のシーズンが到来する前に、ガラスコーティングの施工を済ませておくと良いでしょう。

黄砂の洗浄が楽になる効果

車の塗装には、たまに黄砂が付いてしまう事があります。一旦それが付着してしまうと、非常に厄介です。
黄砂が付いてしまった時は、無理に取り除くべきではありません。無理やりそれを除去しようとすると、車の塗装に傷が付いてしまうからです。
どうすれば良いかというと、基本的にはカーシャンプーを使う必要があります。水洗いだけでは、黄砂は簡単には取り除けないのです。カーシャンプーで丁寧に洗浄するのも、少々大変です。
その黄砂が心配な時は、DIYのガラスコーティング剤を使っておく方が良いでしょう。コーティング剤には、車の塗装を守ってくれる効果があります。塗装に傷が付いてしまうのを防いでくれるのですが、黄砂もその1つです。
万が一黄砂が付いた時でも、比較的簡単に取り除けるようになります。わざわざ専用シャンプーを使用しなくても、水だけで十分に洗い流せるようになるのです。それだけ洗車も楽になりますし、ガラスコーティング剤はおすすめです。

専用シャンプーの使用を不要にしてくれる効果

車に何か物が付着してしまうと、専用シャンプーを使わざるを得ない事もあります。例えば鳥のフンです。車で自然が多い場所を走っていますと、表面に鳥のフンが付いてしまうケースはよくあります。
フンは少々厄介です。酸性ですから、放置しておけば車の塗装にダメージを与えてしまいます。それでは車の見た目が悪くなってしまうので、フンはできるだけ早めに取り除くべきなのです。その際に、よく専用シャンプーが使われています。
ところがDIYのガラスコーティング剤を使っておきますと、そのフンの除去が楽になるのです。ガラスコーティング剤は、塗装の表面を保護してくれる効果があります。バリアのような膜によって、車体全体が覆われるからです。
一旦膜が形成されると、たとえ専用シャンプーなどを使わなくても鳥のフンを取り除けるようになります。鳥のフンが付いてしまう度に毎回シャンプーを使うのも大変ですが、コーティングを済ませておけばシャンプーもほぼ不要になります。

DIYガラスコーティングをする上で必要な知識とは

今では自分でやるDIYガラスコーティングが浸透しています。これは自分で材料を用意してガラスコーティングする内容です。道具も揃える必要があるので時間は必要になります。
しかしDIYガラスコーティングはメリットが多い方法として知られています。理由は費用を大幅に抑える結果になるからです。具体的にはプロにガラスコーティングを頼むよりも効率的です。
DIYガラスコーティング剤は値段や中身で大きく異なります。当然のようにメーカーでも仕上がりが違うので注意が必要です。基本的にDIYガラスコーティングをすると車がキレイに感じるのでオススメです。
DIYガラスコーティングをする場合は時間と道具の確認が必要です。そして求めた効果が出ているかもチェックします。ここで求める効果とは車のツヤなどです。場合によっては長く車を守る効果にも期待できます。
基本的にDIYガラスコーティングでは知識が結果に影響します。充分に必要な時間と道具を用意すればキレイな仕上がりになります。

ワックスよりも強い輝きを生み出してくれる効果

塗装を輝かせたい時には、よくワックスが使用されています。ワックスは、確かに塗装に輝きを生み出してくれる効果はあるのです。ワックス剤を使わないよりは、光沢感も高められる傾向はあります。しかし何回かワックスを使い続けていくと、光沢感が物足りなく感じられる事もあります。輝きを強くしたくなる事もあるでしょう。
ところでDIYのガラスコーティング剤には、車に光沢感を作り出してくれる効果があります。その効果は、ワックス剤よりも強いのです。コーティングしてみると、新車に匹敵するぐらいの輝きが生まれることもあります。それぐらいの輝きは、ワックスでは少々困難です。
それに加えてガラスコーティング剤には、車の表面を保護してくれる効果があります。塗装全体がバリアで覆われたような状態になりますから、雨水や汚れによるダメージを受けづらくなるのです。ワックスには、塗装を保護してくれる力はありません。全体的に、コーティングの方がワックス剤よりも性能は優れています。

梅雨の時期の洗車を楽にしてくれる効果

車のお手入れは、梅雨の時期は少々大変です。もちろん梅雨の時期は、雨が頻繁に降ってきます。その時期に車を走らせていれば、塗装に水が当たってしまうでしょう。
雨水が当たった場合、早めに洗車する必要があります。雨水を放置してしまいますと、ウォータースポットの原因になってしまうからです。
しかし6月あたりは、頻繁に雨が降ってくるのです。毎日のように車を洗い続けるのも、少々大変です。何とか洗車の労力を抑えたくなる事もあるでしょう。
そういう時は、DIYのガラスコーティング剤がおすすめなのです。ガラスコーティングの施工を済ませておきますと、かなり水を落としやすくなります。撥水性のコーティング剤なら、塗装表面に雨水がかかっても、水玉のような状態になるのです。ちょっと車を走らせただけでも、簡単に雨水を落とす事ができます。また親水性のガラスコーティング剤なら、するすると水が流れ落ちてくれるのです。
つまりコーティングを済ませておけば、雨水を取り除きやすくなるのです。梅雨の時期の洗車が大変な時は、コーティングの施工を行っておく方が良いでしょう。