1年使ってもあまり車が汚れなくなる効果

車によっては、1年ぐらいでかなり汚れてしまう事があります。業務用の車などは、その傾向が顕著です。
業務用ですと、車をかなり頻繁に使用する事になります。毎日のように車を運転しますから、自然と車も汚れてしまうのです。業務用なら、汚れて当たり前だと思われている事さえあります。
しかしガラスコーティングの施行を行ってみると、状況が一変するケースも多いです。一旦DIYのガラスコーティングを済ませておくと、たとえ業務目的で車を使ったとしても、それほど汚れは付きません。
というのもガラスコーティング剤には、車の表面を保護してくれる効果があります。バリアのような膜が張られるのですが、車の表面に汚れが付くのも防いでくれるのです。たとえ1年ぐらい経過しても、それほど汚れません。
汚れだけではありません。車に対する傷なども付きづらくなるのです。
ですから仕事などで頻繁に車を使う予定があるなら、ガラスコーティングを使ってみると良いでしょう。

走らせた時の風で雨水が取り除ける効果

ガラスコーティング剤は、水を飛ばす効果が期待できます。飛ばすといっても、洗車時ではありません。車を走らせた時に、水が飛んでくれるのです。
撥水性のガラスコーティング剤を使ってみますと、たとえ雨水が当たったとしても、水玉のような状態になります。水たまりのような状態ではありません。コロコロした水玉のような状態になると、手洗いだけでも簡単に取れるようになります。
ところで車体に当たった雨水は、普段の洗車で除去する事も可能なのです。しかし洗車して雨水を落とすのも、やや手間がかかるでしょう。
ガラスコーティング剤を使用すると、車を走らせた時でも水が落ちるようになります。走らせた時の風が車体に当たり、表面部分のコロコロした水玉が自然に飛んでくれるのです。ガラスコーティング剤を使用しないと、そのような状況はほぼあり得ません。
簡単に雨水が飛んでくれるのは、ガラスコーティング剤の魅力の1つです。雨水を楽に取り除きたい時は、コーティング剤を使ってみる方が良いでしょう。

ワックスを洗い流す頻度が減る

ガラスコーティング剤には、ワックスに関する効果があります。コーティングしておくと、わざわざワックスを洗い流す必要も無くなるからです。
車の表面にワックスを塗る目的の一つは、汚れを取り除く事です。例えばチリやホコリなどは、一旦はワックス剤には付着するのです。車の表面には、ホコリなどは付着しません。
つまりワックスを使用してからしばらく時間が経過すると、ホコリが付着済みのワックスができ上がるのです。そのままの状態では汚れが付いていますので、水で洗い流す必要があります。すると汚れは取り除けるのですが、何回もワックスを水洗いするのは面倒です。
ところがDIYのガラスコーティング剤を使っておきますと、表面には汚れが付きづらくなります。汚れが付着するのを完全に防ぐ事はできませんが、それでもかなり防げるようになるのです。
しかもガラスコーティング剤の場合は、わざわざ水洗いする必要はありません。ワックスと違って、汚れを吸着する訳ではないからです。その分だけ洗車の手間は減りますので、ガラスコーティング剤は使ってみる価値があります。

ガラスコーティングでコンパウンドを使う頻度が減る

車に対しては、しばしばコンパウンドが使われています。コンパウンドは、塗装を削る道具です。
車を使い続けていると、たまに細かい傷が塗装面に付いてしまう事があります。飛び石などが車体に衝突すれば、傷は付いてしまうでしょう。コンパウンドを使えば、その傷を取り除く事はできます。塗装を削るからです。
ただコンパウンドには問題点が1つあって、塗装が薄くなってしまいます。必要以上にコンパウンドを使ってしまいますと、塗装に大きなダメージが加わってしまうので、注意が必要です。
ところでガラスコーティング剤には、車に傷が付くのを防いでくれる効果があります。バリアのような膜が作られますので、塗装面に傷が付着しづらくなるからです。
という事は、DIYのガラスコーティング剤を使っておきますと、コンパウンドを使う頻度も少なくなるのです。傷が付きづらくなれば、わざわざ頻繁にコンパウンドを使う必要も無いでしょう。コンパウンドで手入れする頻度も減りますし、ガラスコーティングの施工を行っておくメリットは大きいです。

雨染みを防ぐ効果がある親水性のガラスコーティング

ガラスコーティング剤には、雨染みを防いでくれる効果はあります。雨が当たった後の車を見てみると、雨の痕跡が付いてしまうケースも多々ありますが、雨の内容物が塗装に付いたような状態になってしまうのです。
ですがガラスコーティング剤には、車の表面を守ってくれる効果があります。雨染みも例外ではありません。ですからシミが付いてしまうのを防ぎたいなら、コーティングしておく方が良いのです。
ただしガラスコーティングには、複数の種類があります。撥水性や親水性のコーティング剤がありますから、注意が必要です。
確かに親水性のコーティング剤の場合は、雨染みを防いでくれる効果は期待できます。水滴は、塗装になじむような状態になるからです。
しかし撥水性のガラスコーティングの場合、必ずしも雨染みを防げるとは限りません。コロコロした水滴が塗装の表面に付くのですが、それがレンズのような役割を果たして、紫外線が塗装にダメージを与えてしまうからです。
ですから雨染みを防ぐ目的でガラスコーティングを買うなら、親水性の製品を選ぶと良いでしょう。

紫外線で塗装が剥げるのを防いでくれる効果

買ってから10年や15年も経過した車ですと、塗装が剥がれかけている事があります。長年使い続けた事で、塗装に大きな負担が加わっている訳です。
なぜ塗装が剥がれるかというと、たいてい紫外線です。よく言われる事ですが、紫外線によるダメージは軽視できません。車体に対するダメージは、想像以上に大きいのです。特に塗装に対する影響は大きく、長い間日光を浴び続けた車は、かなりダメージが蓄積しています。それで塗装が剥がれてしまう事は、よくあるのです。
しかしDIYでガラスコーティングの施工を行っておくと、塗装が剥がれるのを防ぐ事もできます。ガラスコーティングの施行を行うと、車の表面に膜が張られたような状態になります。その膜は色々な物を防いでくれるのですが、紫外線も例外ではありません。コーティングには、防御膜の効果があるのです。
基本的に車は、野外で使い続けるものです。どうしても直射日光は避けられませんし、車を長く使い続けたいなら、ガラスコーティングの施工をしておく方が良いでしょう。

ガラスコーティングと耐熱効果

車が使われる場所は、とても多彩です。必ずしも快適な温度の場所に使われるとは限りません。
車によっては、やや温度が高い場所で使われる事もあるのです。工業に関する施設は、かなり温度が高い事もあります。
やはり温度が高い場所ですと、車体にダメージが加わってしまいます。数百度ぐらいの環境ですと、かなりのダメージを受けてしまうのですが、コーティングでダメージを抑える事は可能です。
DIYのガラスコーティング剤を使用しますと、車の耐熱性が高まります。コーティング剤の中には、耐熱効果がある成分が含まれているからです。
実際コーティングを施しておきますと、たとえ高温な場所でもダメージを受けづらくなります。熱に強くなれば、車の耐用年数を引き延ばすこともできます。
数百度ぐらいの環境で車を使い続けていれば、かなりダメージが蓄積してしまいます。車の状態も悪くなってしまうでしょう。そのような環境で車を使うなら、やはりコーティングの施行をしておく方が無難です。

排気ガスで汚れてしまうのを防ぐ効果

年式が古い車は、車体が少々汚れている事が多いです。汚れていますから、いかにも使用感があります。
なぜ車の表面が汚れてしまうかというと、ガスなのです。もちろん車からは、排気ガスが放出されます。道路を走っていれば、他の車から放出されるガスが車体に当たるでしょう。
そのガスは、車に悪影響を及ぼすのです。毎日車を走らせていれば、かなり車が汚れてしまいます。
しかしDIYのガラスコーティングには、その汚れを防いでくれる効果があるのです。コーティング剤を使っておきますと、車体の表面部分に膜が形成されます。その膜の保護効果は強く、汚れや雨水などの脅威から、車の表面を守ってくれるのです。
排気ガスも例外ではありません。一見すると分かりづらいですが、ガスが車体に直接ダメージを与えるのを防いでくれるのです。ですから年数が経過しても、あまり車が汚れなくなります。
マイカーは、実に多くの方々から見られる事になります。車の見た目は軽視できませんし、ガラスコーティングの施工を検討してみると良いでしょう。

車の耐用年数に関する効果

車は、ずっと使い続けられる訳ではありません。買ってから10年ぐらい経過しますと、そろそろ色々な不具合が出てきます。まして15年も使い続ければ、車が故障する可能性もあります。
ですから車には、耐用年数はあります。15年ぐらいが耐用年数と見て良いでしょう。
ところでガラスコーティングは、その年数を伸ばせる効果もあるのです。車体を保護してくれるからです。
ガラスコーティングの施工をしますと、雨水による影響を受けづらくなります。コーティングの膜が張られますから、たとえ雨水が当たったところで、ウォータースポットもできづらくなるのです。
車の年数は、雨水との関連性はあります。雨水に長く当たり続けた車ですと、耐用年数は短くなる傾向がありますが、ガラスコーティングはその水の影響を受けづらくしてくれるのです。ですからコーティングしておく方が、耐用年数を長くできます。長く使い続けたいなら、コーティングしてみると良いでしょう。

デッドニングの効果とは

自分でデッドニングできる?と考えて自分でやっている人も多いのではないでしょうか?
がしかしデッドニングを自分でするのもせいぜい一部分が関の山ですね・
私も自分で結構やりましたが、4枚のドアとエンジンフードとできることに限りがありました。

本当は屋根やルーフにも張りたかったのですが、はっきり言って無理です!屋根は外すのが一人では困難だし、仮に外せたからと言って外したパーツをどうやって保管するかがとても大変です。しかも1日ではできないし、休みの日にやっていたら何週間かかるのか?そんなことを考えていたら、諦めるしかない・・・・トホトホ!

そんな時にスマホでググってみたら見つかったのがデッドニングの専門店でした。場所が千葉県でしたので、私の住んでいる大阪からだと結構な距離なので諦めるしかありません。昔は東京に住んでいましたが、20年近く東京を離れて大坂にいるため、もう当時の知人も住んでいないので遊びに行くわけにもいかず断念します。

スバルのデッドニングならトヨタのデッドニングなら