雨染みを防ぐ効果がある親水性のガラスコーティング

ガラスコーティング剤には、雨染みを防いでくれる効果はあります。雨が当たった後の車を見てみると、雨の痕跡が付いてしまうケースも多々ありますが、雨の内容物が塗装に付いたような状態になってしまうのです。
ですがガラスコーティング剤には、車の表面を守ってくれる効果があります。雨染みも例外ではありません。ですからシミが付いてしまうのを防ぎたいなら、コーティングしておく方が良いのです。
ただしガラスコーティングには、複数の種類があります。撥水性や親水性のコーティング剤がありますから、注意が必要です。
確かに親水性のコーティング剤の場合は、雨染みを防いでくれる効果は期待できます。水滴は、塗装になじむような状態になるからです。
しかし撥水性のガラスコーティングの場合、必ずしも雨染みを防げるとは限りません。コロコロした水滴が塗装の表面に付くのですが、それがレンズのような役割を果たして、紫外線が塗装にダメージを与えてしまうからです。
ですから雨染みを防ぐ目的でガラスコーティングを買うなら、親水性の製品を選ぶと良いでしょう。